お母さんのための「なるほど算数」

お母さん方の学びに対する不安や悩みを解消し、子どもたちを算数・数学好きにするブログです!

あまりのあるわり算(2)

前回について、あまりのあるわり算についてのお話です。 1.包含除のあまりについて 2.よくある誤答 3.問題の数値を変えてみる 4.あまりのあるわり算のポイント② 1.包含除のあまりについて 典型的な問題としては、 「33人の子どもが、長椅子に5人ずつ座…

あまりのあるわり算(1)

今回は、あまりのあるわり算について、あまりからわり算の意味を考えてみたいと思います。 1.わり算の3つの意味 2.あまりの見方について 3.あまりのあるわり算のポイント① 1.わり算の3つの意味 あまりについて考える前に、わり算の意味について確認して…

タイル図から数のかけわり図へ

かけわり図が使えるようになると、問題の意味をとらえやすくなったり、立式しやすくなったりします。ここでは、タイル図から数のかけわり図に変えていくまでを見ていきます。 1.タイル図のかけわり図 2.数のかけわり図へ 3.「倍」で簡単に考えることへの…

「1あたり量」の指導の大切さ

1あたり量をしっかりと理解することが、かけ算やわり算の理解を深めることにつながると考えます。 1.「1あたり量」とは 2.1あたり量の意識を 3.組立単位を使う 1.「1あたり量」とは 小学校で学ぶ算数のたいへん重要な指導事項の一つだととらえているので…

かけ算とわり算について

前回は、「百分率の問題」についてお話をしました。子どもたちが百分率の問題を、「わかった!できた!」となるにはどのような指導がよいのか、これからより深く追究していきたいと思います。 1.わり算とは 2.「倍」とは 3.かけ算とは 1.わり算とは 水道…

全国学力・学習状況調査の問題「百分率を求めること」についての一考察

全国学力・学習状況調査の問題に、「百分率を求めること」についての問題があります。百分率に関する問題の正答率がどうしたら上がるのだろうか、私なりに考えてみました。 1.「百分率を求めること」の問題について 2.問題の反応率について 3.「割合」と…

繰り下がりのあるひき算(2)

数によっては、次のような考え方もありますので紹介します。 1.「ひくひく法」 2.筆算について 1.「ひくひく法」 いわゆる「減減法」という考え方です。 例えば、「12-3」のような計算の場合、「12」を「10」と「2」に分けて考えるのはこれまでと同じで…

繰り下がりのあるひき算(1)

では、次にひき算を確認します。ひき算自体がたし算よりも難しいと感じるので、今回はできるだけシンプルに考えてみました。 1.どのような計算か 2.考え方の大きな方向性として 3.「12-4」では 1.どのような計算か まずは、100マス計算の分布図で確認し…

繰り上がりのあるたし算(4)

最後の型は、「7+4型」です。「5をつくる」か「10をつくる」かで考え方が変わってきますね。 1.「7+4型」 2.繰り上がりのあるたし算を振り返って 1.「7+4型」 残りは下の図の黄色い部分の12題です。 「9+2」「9+3」「9+4」「8+3」「8+4」「7+4」…

繰り上がりのあるたし算(3)

では、次の型を確認します。 1.「9+8型」「8+9型」 2.「9+8型」「8+9型」における2つの方法 3.「9+1型」「1+9型」 1.「9+8型」「8+9型」 9が関わり、片方の数は「5のかんづめ」がある計算に型分けします。 下の図の黄色い部分で、9題を考えまし…