お母さんのための「なるほど算数」

お母さん方の学びに対する不安や悩みを解消し、子どもたちを算数・数学好きにするブログです!

5までのひき算

5までのひき算について、確認していきましょう。 1.問題文は「求残」で 2.「求残」を三角関係図で確認すると 3.三角関係図の部分を隠して 1.問題文は「求残」で ひき算の意味は3つありましたね。 「求残」「求補」「求差」の3つです。「求補」と「求差」…

5までのたし算

では、答えが5までのたし算をやってみましょう。 1.問題文は「合併」か「増加」で 2.三角関係図で確認すると 3.理解を深めるために 1.問題文は「合併」か「増加」で 問題文は、「合併」か「増加」の問題文がよいと思います。まちがっても、「求大」の問…

いくつといくつ(数の合成・分解)

数をいくつといくつにわけるといった「数の合成・分解」についてお話します。 人間は、ばらばらに並んでいるものの数を認識できるのは、数にして4~5までと言われます。それ以上多くなったときに、どのように認識したらよいのでしょうか。子どもたちの数概念…

たし算とひき算の関係

ここまでで、たし算は「合併」「増加」、ひき算は「求残」「求補」「求差」の意味について確認してきました。今回は、たし算とひき算を互いに逆算の関係にあると考えて関連付けてまとめていきます。 1.たし算の「求大」 2.たし算とひき算の関係表 1.たし…

ひき算の求差とは?

いよいよひき算の意味の3つ目、「求差」についてです。 「求残」も「求補」も取り去ることでひき算と結び付きましたが、この「求差」については一筋縄ではいかないようです。大人は、「ひき算」に決まってる!と当然のように考えますが・・・。 1.求差につ…

ひき算の求残と求補とは?

日は、ひき算の3つの意味のうち、「求残」と「求補」についてお話します。 前回も触れましたが、教科書には「求補」に関する小単元がなく、「求残」の中にひっそりと組み込まれています。私は、お子さんのためにも、「求残」と「求補」を分けて指導してはど…

ひき算とは?

今日からひき算についてお話しようと思います。 ひき算はたし算の逆算となりますが、とても奥深いなあと感じます。ひき算の意味を考えると、ただ引けばいいということではないのです。そういうと身構えられるかもしれませんが、大丈夫です。ここも操作活動を…

式に助数詞や単位をつけること

今日は、ここまでのたし算の話を整理して、「式に助数詞や単位をつけること」についてお話します。 1.たし算の2つの意味 2.式に助数詞や単位をつけることについて 3.助数詞や単位から考える習慣を 1.たし算の2つの意味 1年生の最初に、たし算を学習しま…

たし算とは?

皆さん、こんにちは。 前回は、「量の種類」についてお話をさせていただきました。私は、小学生の間はもっともっと具体物にふれ、量を大切にした指導をしてほしいなあと願っています。小学生の間は、そんなに抽象化を急ぐ必要もないと考えます。では、四則演…

「量」の種類

今日は、「量」の種類についてのお話をします。身の回りにあるものの「量」に少し観点を与えましょう。 1.量の観点 2.分離量と連続量の相違点 1.量の観点 人類は、生活をしていくうえで、ものを数える必要があり、ものを数えることを通して、いろいろな法…