お母さんのための「なるほど算数」

お母さん方の学びに対する不安や悩みを解消し、子どもたちを算数・数学好きにするブログです!

「0」の指導

「0」について調べてみると、いろいろ面白い話があります。インターネット上には、「0の発見」などと「発見」という言葉で表現されていたものもありました。「0」の起源については、今回は触れませんが、「何もない」数の「0」をお子さんたちにどう教えてあげたらよいか考えていきましょう。

 

 

1.「0」になるゲーム

 

お子さんとお母さんで、「ジャンケンゲーム」はいかがでしょうか。例えばタイルを3個ずつ持ち、ジャンケンをして勝ったら、タイルを相手にあげるのです。早くタイルがなくなった方が勝ちです。あるいは、勝ったら1個もらって、相手のタイルを全部取ったら勝ちでもかまいません。ルールは、お子さんと考えてみてください。

 

手元に「何もない」状態になったとき、「0個」(れいこ)と表現します。いきなり「0」を教えるよりは、物の動きがあるなかで「何もない」状態が生まれたときを体験する方が、お子さんも理解しやすいように思います。

 

お子さんとお母さんで6個のタイルがありますから、1個と5個になった時には、「リーチ」を宣言してみるのもよいですね。このとき、5個をびんづめからかんづめにすると、「5のまとまり」を復習できるかもしれません。

 

じゃんけんゲームでの5でリーチの場面


2.「0」のたし算

 

たし算は合併で教えていきましょう。

 

問題文1:左のお皿にみかん3個、右のお皿に2個あります。あわせて何個ありますか。

 

みかんはタイルで代用してもかまいません。タイル図をもとに、式と答えを表していきましょう。

 

右3個、左2個合併の図

問題文2:左のお皿にみかん3個、右のお皿に1個あります。あわせて何個ありますか。

 

左3個右1個合併の図

問題文3:左のお皿にみかん3個、右のお皿にはみかんがありません。あわせて何個ありますか。

 

右3個左0個の合併の図

問題文4:左のお皿にみかんはありません。右のお皿にみかんが3個あります。あわせて何個ありますか。

 

左0個右3個の合併の図

 

問題文5:左のお皿にみかんはありません。右のお皿にもみかんはありません。あわせて何個ありますか。

 

左0個右0個の合併の図

3.「0」のひき算


ジャンケンゲームや「求残」の問題で、「0」のひき算を学習しましょう。

 

例えば「求残」では・・・
問題文1:みかんが3個あります。兄が2個たべました。いくつ残っていますか。

 

下の三角関係図で、操作活動の部分は、3個あるうち取り去る2個を裏返して、「もとの数」「取り去る数」「残りの数」を意識した図になっています。

「3-2=1」の三角関係図

問題文2:みかんが3個あります。兄が1個たべました。いくつ残っていますか。

 

「3-1=2」の三角関係図

問題文3:みかんが3個あります。兄はたべませんでした。いくつ残っていますか。

 

「3-0=3」の三角関係図

4.「0」をたしたりひいたりしても


あとは、「5+0」「0+5」「4+0」「0+4」・・・や「5-0」「4-0」「3-0」など計算練習をします。慣れてきたら、たし算やひき算を混ぜるとよいですね。


そのうち、お子さんは、「0」をたすときはもう一つの数がそのまま答えになることや、「0」をひくときはひかれる数が答えになることを理解して、パッパッと答えを出すかもしれません。そのような時は、「どうして?」と問い、「だって・・・」の言葉を引き出してあげてください。「だって・・・」の次にくることばの中に、数学的な考え方が含まれることがあります。お子さんの考える力を豊かにしてあげましょう。

 

5.最後は問題作りで


最後は、式をもとに問題作りに取り組みましょう。


「5+0」「0+5」「5-0」「4-0」・・・など、式を与えて問題文を作ります。「0」の場面がどんなときなのか、意味理解を深めることができます。


大人にとって「0」は簡単なようですが、冒頭でもお話したように「0」は「発見」された他の数とは違う特別なもののようです。子どもの思考に寄り添って、焦らず指導してあげてください。