お母さんのための「なるほど算数」

お母さん方の学びに対する不安や悩みを解消し、子どもたちを算数・数学好きにするブログです!

5までのたし算

では、答えが5までのたし算をやってみましょう。

 

 

 

1.問題文は「合併」か「増加」で

 

問題文は、「合併」か「増加」の問題文がよいと思います。まちがっても、「求大」の問題文は避けましょう。それぞれ、例えばこんな問題文です。

 

合併:兄はリンゴを3個持っています。弟はリンゴを2個持っています。合わせて何個ですか。

 

増加:子どもが2人遊んでいます。そこへ2人きました。全部で何人になりましたか。

 

求大:弟はカードを4枚持っています。兄は弟より1枚多いです。兄はカードを何枚持っていますか。

 

いろんな書物では、キーワードが「あわせて」の「合併」を勧められることが多いです。私も、「合併」から入り、あとで「増加」を混ぜていけばよいのではと考えます。

  

1年生の最初の間は、お子さんには「合併」も「増加」も違いが分かりにくいと思います。お子さんは迷うと思いますので、すぐに理解できなくても大目に見てあげてください。生活体験が豊かになってくれば、必ず理解できます。

 

2.三角関係図で確認すると

 

5までのたし算を、「問題文」「タイル図」「式と答え」で確認してみましょう。

 

三角関係図は、以下のような図になります。

 

「問題文」「タイル図」「式と答え」の三角関係図

この図に、先ほどの「合併」の問題をあてはめてみましょう。

「合併」の三角関係図

式には助数詞の「個」をつけて、同種のたし算であることを意味付けます。

 

では、次に「増加」の問題をあてはめてみましょう。

 

「増加」の三角関係図

「合併」と「増加」のタイル図の矢印に注目してください。双方向か一方向であることにお気付きいただけますか。実際に方眼紙で作ったタイル図や数図ブロックを操作するときには、双方向なら両手で合わせ、一方向なら右手(左手)だけで合わせます。

 

計算パターンは、答えが5になる場合、「1+4」「2+3」「3+2」「4+1」の4通り、「1+4」と「4+1」、「2+3」と「3+2」を同じと考えるなら、2通りしかありません。答えが「2」「3」「4」になる場合も同様に考えていきますと、そう多くはありません。十分に習熟可能です。

 

3.理解を深めるために

 

三角関係図のどこかを隠して、考えさせるとよいですね。

 

まずは、「式と答え」を隠します。問題文とタイル図は示します。式と答えは何かなと問うて、書かせます。算数でよくある「問題を解く」パターンです。

 

次に、タイル図を隠します。問題文、式と答えは示します。問題文と式を結び付けて理解しているのか、タイル図を使って、子どもの言葉で表現させるパターンです。

 

最後は、問題文を隠します。式と答え、タイル図は示します。要するに、問題文を作らせるパターンです。問題作りを行うと、問題文の題意を把握する力がグ~ンとつきます

 

以上、お子さんの様子を見ながら、焦らず進めていきましょう。